伊崎の快活日記。

広島の大学生。料理や文学が好き。

牡蠣飯の日の献立。

三月になりました。 広島では「牡蠣は2月まで」と言われるそうですから、少しだけ三月に足を突っ込んだ時期にはなったけれども、牡蠣を食べることにした。 今回は牡蠣飯。 牡蠣の食べ方は、カキフライをはじめいろいろあるけれど、揚げ物をついつい避けてし…

『伊勢物語』の魅力を力説!日本最古の歌物語に迫る!

古典の世界は美しい。 いつもそう思います。 日本の奥ゆかしさを感じさせる魅力的な人物。 古の言葉で綴られるからこそ美しい幽玄の世界。 その古典世界の中でもひと際輝きを放つのが六歌仙の一人、在原業平(ありわらのなりひら)。 男性貴族の理想像として…

高校時代から一人暮らしするまでの料理歴をまとめてみた。

10代で自炊を始めて、ほぼ毎日料理を楽しんでいる僕が、自分の料理経験をひたすらまとめてみます。 伊崎という人物 『伊崎の快活日記。』について 料理に目覚めたのは18歳の時 料理を初めて最初の目標は魚を捌くこと 毎週末に魚を買って捌く日々 魚以外の料…

【実体験】朝起き抜けに白湯を飲んだら調子が良いのでおすすめします。

こんにちは。 当ブログ『伊崎の快活日記。』の管理人・伊崎です。 忙しい現代人にとって最もつらい時間、それは間違いなく朝です。 できるだけ寝ていたい、でも準備はしっかりとしなければならない。 これは我々人間に課された試練であることに疑う余地はあ…

文学小説って面白い!その理由を3つ考えてみた!!

こんにちは。 『伊崎の快活日記。』、管理人の伊崎です。 皆さんは文学小説を読みますか? 僕は大好きなのですが、僕の周りで文学小説を読んでいる人ってあんまりいないように感じます。 というか、スマホゲームや他の娯楽が発達しすぎて、読書自体がマイナ…

【文豪解説】尾崎紅葉~『金色夜叉』を書いた明治のベストセラー作家~

『多情多恨』『金色夜叉』など、明治のベストセラー小説を生み出した天才・尾崎紅葉。彼が36歳で急逝するまでに文壇にもたらした功績は数多く、幸田露伴と共に「紅露時代」と呼ばれる一時代を築くなど、明治に最も読まれた小説家でした。 彼の作品は今でも読…

【文豪紹介】山田美妙~「我楽多文庫」や「硯友社」を設立した作家~

山田美妙、という作家を知っている人がいたら、かなり文学に通暁している方だと思います。 それほどまでに彼はマイナーで、国語の授業でも、本屋さんでもめったにお目にかからない作家。かろうじて国語の資料集に載っているかもしれない程度です。 尾崎紅葉…

【文豪紹介】幸田露伴~格調高い理想主義者~

『五重塔』を著し、尾崎紅葉と共に「紅露時代」と呼ばれるほど一世を風靡した幸田露伴。 格調高い文体で知られた彼は、理想主義者でもありました。 今回は、幸田露伴の人物像や代表作、思想に迫ります。 幸田露伴の凄さを分かりやすく。 まず、幸田露伴とい…